【ニュージーランド航空公式】公式サイトなら最安価格保証

■ マリオットがミャンマーでホテル事業を展開

■ アメリカのマリオットがミャンマーでホテル事業を展開

アメリカ最大のホテルチェーン、マリオット(Marriott International Inc)が、ミャンマーでのホテル事業展開のため準備を進めているとブルームバーグビジネスウィークリーは伝えています。

同グループは外国投資家へ門戸が開かれる次の6カ月以内に、ミャンマーでは初となる不動産契約締結へ動き出しています。

またグループはヤンゴンやバガンといった主要観光地域への進出の話し合いも進めています。

マリオットは1972年にJ.ウィラード・マリオット氏により創設されました。

本拠地はアメリカのメリーランド州ベセスダにあります。

マリオットはNY証券取引所上場企業であり、世界中にまたがり74カ国以上に3800以上の不動産を所有しています。

Best Western International GroupはすでにミャンマーGreen Hill Hotelとのホテル事業運営に関する合併契約の締結を済ませています。

観光省によれば国内全体で合計29419客室を提供する808のホテルがあり、そのほとんどはヤンゴンとマンダレーに集中しているとのことです。

30のホテルは国内に参入している14億米ドル以上の外国投資の支援を受け操業しています。

この分野においてはシンガポールが現在ミャンマーでの最大投資者です。

シンガポールをはじめタイ、日本、香港、マレーシア、またイギリスやベトナムといった国が国内でホテル経営や建設事業を展開しています。

観光省の調べではミャンマーに来るほとんどの観光客はタイ、中国、日本、韓国、マレーシアからです。

ミャンマー ホテル – 口コミランキング

ミャンマーのホテル【JTB】海外航空券・海外ホテル

ミャンマー関連本


Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to webdesign berlin, House Plans and voucher codes
Email
Print
【話題のカーシェア】タイムズカープラスなら月額基本料に無料利用分付き