タイムシェア型住宅供給研究会報告書


9月の初めだったか、日経新聞の記事で、最近は日本の政府(国土交通省)においても
このような研究会があり、報告書のポイントを読んだことがある。
面白いなと思うのは、「供給事業者ヒアリング出席者」がみんな日本の事業者ということ。
外資もヒルトンとマリオットくらいは入れた方がよいのに。ただ、オファーはあっても断ったのかもしれない。
興味のある方は、時間のあるときに一読をオススメします。

ポイントは、若干私見も入りますが、仕組みを素晴らしいものにすることは極端な話、誰でもできる。問題は、事業者がどれだけ信頼をおける会社なのか、ということ。そして、その会社に万が一のことが起こった場合には、信託銀行をバックに持っていることが重要ですね、と。

タイムシェア型住宅供給研究会報告書 http://www.mlit.go.jp/common/000022776.pdf (全114P)

1 はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
2 欧米におけるタイムシェア市場の動向 ・・・・・・・・・・・・・・ 6
3 日本におけるリゾート関連市場の動向等 ・・・・・・・・・・・・・16
4 我が国におけるタイムシェア型居住の可能性及び促進の意義 ・・・・20
5 消費者が安心して取得できるタイムシェア型住宅の供給に関するガイドラ
イン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29
6 権利の保全等がされたタイムシェア型住宅供給のスキーム ・・・・・31
7 タイムシェア市場の発展に向けた魅力ある商品の提供等 ・・・・・・56
8 タイムシェア型住宅の供給促進に向け行政等に期待される役割 ・・・60
9 まとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・61
(参考資料)
第1 回研究会 森委員提出資料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63
第3 回研究会 供給事業者ヒアリング資料 ・・・・・・・・・・・・・・67
第3 回研究会 森委員提出資料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・88 アメリカのタイムシェアの概況がわかります
第3 回研究会 大澤委員提出資料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・94 調査会社により、外資のシステムについて詳しく紹介されています。

——-

供給事業者ヒアリング出席者
㈱東急ビッグウィークステーション代表取締役社長 角 俊三
㈱プリンスホテル代表取締役専務執行役員 水村 優
リゾートトラスト㈱秘書室室長 長谷川孝幸
㈱サンダンス・リゾート常務執行役員 山形 俊樹