滞在記


Courtyard by Marriott Waikiki Beach
本来15:00チェックインですが、エリートメンバーということで10:00にチェックインさせてもらいました。
imgp1232imgp1233

部屋の中は、ちょっと狭いですが、ワイキキでこの価格なら仕方ないという感じです。雰囲気は、以前泊まったバンコクのコートヤードに少し似ているかな?

imgp1239
インテリアは悪くないです。WYLANDのくじらの絵も。ここは7Fの719号室ですが、ラナイでKONA BREWING CO.のLAGERを飲んでいると心地よい風も感じられて、それだけでハワイってイイなぁと思う。

ここも悪くないけど、APのメンバーだと最近クラブ・コネクションに加わった「Waikiki Beach Marriott」2500Pがいいかなと思います。

imgp1245imgp1247imgp1248imgp1249imgp1257imgp1255

第2棟
第2棟
■機内持ち込みの規制が緩和されています。 機内持ち込みが禁止されていた飲み物など液状、クリーム・ジェル状のもの、へスプレーなどが、ある条件を満たしていれば機内持ち込みができるようになりました。機内持ち込みができる条件は、クリーム類、練り歯磨き、エアゾール類は、透明のプラスチックの袋に入れた約 85gまでのもので、その袋はエックス線検査を受ける必要があります。
また、空港内のゲートでの安全検査を通過した後に空港内の売店で購入したものも機内へ持ち込みができます。詳しくは下記成田空港のホームページで確認してください。

 成田国際空港ホームページ


JW Marriott Phuket オススメ度☆☆☆…普通

プーケットの空港からタクシーで北へ10~15分(500バーツ)。すぐでした。フロントは有名な写真のあの「池」の真ん前です。実は、チェックインするまでJW Marriott PhuketとMVCIのプーケット・ビーチクラブが同じ敷地内にあるとは、知りませんでした。MVCI APのマネジャーは、プーケットでセールスをしていたのに、そんな情報はひとことも話してくれませんでした。私はマイナスな情報だとは思いません。プーケット・ビーチクラブに滞在しながら、JWのサービスも受けることができるからです。ここには、マンダラ・スパもあります。国際的な賞を受けたという素晴らしいタイ料理レストランの「Ginja(ジンジャ)」もあります。イタリアレストランは行きませんでしたが、ここの朝食が素晴らしいと体験者から聞きました。勿論、メイン・ダイニングの「Marriott Cafe」の朝食も良かったですよ。スタッフもフレンドリーで。

料金的にもルネッサンスのサムイ島よりも30%程度安かったし、リーズナブルな印象を持ちました。

プーケット・ビーチクラブは、2bed roomですし、IIのGetawayを使えば、ほぼいつでもとれそうですし、しかも1週間で674USDとかですから。(しかも諸税込み。タイではホテルに普通に宿泊しますと18%税金がかかります。)

《プーケット・マラソンについて》
6/15 早朝宿泊先のJW MarriottからタクシーでLagunaリゾートのあるバンタイ・ビーチ方面に移動。(700バーツもかかった。プーケットは、移動にお金がかかります)5時にスタート。雨期だというのに、快晴でとても厳しいマラソンになりました。至る所に野犬が多く、30km付近では追いかけ回される始末で散々な結果に終わりました。でも、エイド・ステーションが2km毎に設置されていたことには、主催者の配慮がとても感じられました。完走エリアでの食事のサービス、救護サービス、マッサージ・サービスも素晴らしく、犬のことさえなければお勧めできるマラソン大会かと思いました。ラグーナ・リゾートエリアには、シェラトンのリゾート・ヴィラもあるので、今度はそちらに滞在してみようかと思っています。Interval Internationalというリゾートの交換プログラムに加入しているので、それを通せば、格安でシェラトンのリゾート・ヴィラにも1週間単位で滞在できることもわかったので。ラグーナは、12月にやはりプーケットで開催されるトライアスロン大会のメイン・スポンサーもしているので、次回は、トライアスロンに仲間とチーム参加もしてみたいと思っている今日この頃です。久しぶりのプーケットでしたが、タイの人たちの優しさに触れ、また度々訪れたいところだと強く感じました。


マリオット・バケーション・クラブ・マイカオ・ビーチ オススメ度☆☆☆☆…何といっても新しい!とくに1Fのプール付ヴィラ

プーケット・ビーチクラブは、2001年建設だそうですが、隣のマイカオ・ビーチのヴィラに比べるとややヘタリ感があり、個人的にはオススメしません。メンバーの方なら、出来立てホヤホヤのマイカオ・ビーチの1Fのプール付ヴィラが絶対にオススメ。メインの寝室のドアを開けたら、そこにはプールです。(8m×2m.水深1.8m)

家具調度品などもこちらはモダンです。

こちらにもマイカオ・ビーチ専用のメイン・ダイニング、デリ、フロント、ジム、キッズ・ルームがあります。

以前は、JW Marriott Phuketの担当だった素敵な日本人女性がいらっしゃいますから安心度も高いですね。


ルネッサンス・サムイ島 オススメ度☆☆☆☆…サムイ島自体の魅力も含めて 

ウエルカム・ドリンクのアイス・ティーの味が忘れられません。エントランスの雰囲気もこじんまりしたリゾートという感じ。

宿泊客は、アジアでは、日本人よりも中国人と韓国人が多いようでした。

APクラブ・ポイントのメンバーだとポイントで泊まれるのは、ヴィラではありません。でも、ここに来たのなら、ヴィラに泊まりたいと思うのが普通だと思います。シンガポールのAPのメンバーサービスに交渉しても無駄ですから、我々賢いメンバーは、ホテルに直接交渉しましょう。商売ですから、空きがあれば、エクストラ・チャージを払えば、泊まれるのは当たり前の話です。

レストランが基本がタイフードのレストランとオープンエアのイタリアンしかないのがチョット…という気がします。

スパは、「クアン・スパ」というのがあります。


ホアヒン・マリオット オススメ度☆…どうしてもバンコクの喧騒から逃れて、マンダラ・スパに行きたいなら。
バンコクの南バス・ステーションからバスで約3時間半でホアヒンのバス停着(185バーツ)。そこから徒歩でも10分圏内。

微笑みの国、タイにあるまじき不親切極まりないホテルでした。ここから東京の同僚に送った葉書は結局一通も届きませんでした。切手代は、フロントの人間ががめたのでしょう。施設も古さが目立ちました。部屋もリゾート・ホテルというよりも普通のビジネス・ホテルのような部屋で喜びも何もありませんでした。マンダラ・スパがあったのが救いでした。ホアヒンに行くなら、新しくできたコートヤードがオススメと、バンコクのメイフェア・エグゼクティブ・アパートメントのスタッフから言われました。


コートヤード・バンコク オススメ度☆☆…コートヤードは所詮、コートヤードというサービスだと思います。新しさと利便性で選ぶなら。リクエストしないとバスタブがない部屋に。

フォーシーズンズとペニンシュラ・プラザの間を奥に入る。スタッフも若い。


メイフェア・エグゼクティブ・アパートメント オススメ度☆☆☆…素晴らしいサービス・アパートメント

コートヤードから歩いて5分以内。26階建てのサービス・アパートメント。エントランスの回廊が素敵。スパ、ジム、プール、イタ飯屋もあります。25Fのルーフ付プールから見える景色は素晴らしく、バーもあり、落ち着けます。1 bed roomと2 bed room。

リッツ・カールトン・東京 オススメ度☆☆☆…数々の伝説までは、まだまだこれから。

料金に見合ったサービスができているとは言い難い。そのうち、一休.comなどで現在のサービス・レベルに見合った価格のプランが出てくるでしょう。

☆このサイトは、携帯電話でもPCブラウザを使わずに見ることができます。


<広告>
WEBなら24時間予約が可能。ANAの正規割引航空券「エコ割」
全日空 国際線ビジネスクラス正規割引航空券「ビジ割21」
旅に暮らしに、ひとクラス上の悦びを ANAダイナースカード
海外ホテル直前割引。毎週更新@エクスペディア

 

豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com


Leave A Comment