IIのFlex ChangeをWebで確認する方法

Interval InternationalFlex Changeは便利でとてもお得なオプションですが、これまではシンガポールに電話をして確認しなければならないというのが、定番の考え方でした。が、インターネット上でどこのタイムシェア・リゾートが交換できるのかわかれば、便利ですよね。その方法がわかりました。これまでも一応、理論上(プログラム上)は、わかっていたのですが、誰もしていなかったのですね。

その方法は、まずMVCI APのシンガポールに交換に必要なポイント=10000PをIIにデポジットすることを連絡するのです。一度デポジットすると2年以内に使わなくてはならないという条件が付きますが、必ず旅をする方にとっては問題ないのではないでしょうか。

デポジットすると、59日以内に交換可能なのが、どこのリゾートかがわかるということなのですが、これだけではわかりづらいですね。

デポジット・ファースト:ポイントを預け入れて世界に2000軒ある一週間のタイムシェア・リゾートの滞在権と交換する方法。条件は、2年以内に必ず交換しなくてはならないこと。

Flex Change(フレックス・チェンジ)59日以内に交換できるリゾートがあれば、その交換リゾート(ユニット)により、Studio,1 bed room,2 bed room,3 bed room,4 bed roomであろうが、AP ポイントがわずか10000ポイントとの交換で滞在できるというもの。単位は1週間です。各リゾートにより、チェックイン・デイのルールがあります。(概ね、週末です。マリオットの場合は、金・土・日)

デポジット・ファーストフレックス・チェンジを組み合わせることが可能。つまり、2年以内に必ずフレックス・チェンジを使うということ。これにより、Interval Internationalのweb上でどこと交換が可能なのか、常に確認することができます。

※交換が決まったら、別途交換手数料が必要になります。例)マリオットの場合:99USD。その他、Westin,Hyatt,Fourseasons,Disneyなど米国、カリブなどのリゾートと交換の場合:148USD。

 「Exchange」のタブから:大体2ヶ月以内の日程で検索してみます。(画像をクリックすると大きい画像が出てきます)

自分がデポジットした1万Pのリゾートが出てきます。「Exchange」ボタンをクリック。

世界に数ある交換可能リゾートのあるエリアが出てきます。この画像の下にもたくさんあります。(その時点で交換リゾートがないエリアは表示されません。)いかにFlex Changeを使えるリゾートがたくさんあるかが一目瞭然です。例えば、マウイをクリックすると交換可能リゾートが具体的に表示されます。(下の画面)

ここでの「Exchange」ボタンは、押さないこと。あくまでも確認することが目的です。